お金をかけなくてもオシャレは出来る!

節約生活をしていく上で、衣食住の『衣』はかなり大きなポイントになってきます。

 

今は安くても可愛い服が沢山出ているので、以前よりも服にかけるお金が減ったという人も多いと思います。
景気が悪くなったり、お給料が少ないと、どうしても服にかけるお金が少なくなってしまうので、仕方のないことだと思います。
有名ブランドの洋服は、一点だけで1万円〜2万円くらいかかってしまうことが多く、
1着で被服代の理想と言われる月収の3%以内を超えてしまいます。

 

更に服は流行があるので、シンプルな服でないと来年には着れなくなってしまうという欠点があります。
服に興味がある人にとっては、やはりストレスがたまりやすいと思います。
だからこそ、高いブランドで服をたった一着しか得ないのであれば、やはりプチプラのオシャレを楽しめるようになるのも大事です。
例えばどこで買っても大して変わらないような、職場で着る無難な黒のカーディガンなどは、
ファストファッションで購入して、どうしても気に行ったデザインのワンピースを一点だけ贅沢で
たまに購入するというように、メリハリをつけるのが大事です。

 

全身ファストファッションや、毎回毎回プチプラでは飽きてしまう部分がありますので、

 

ブランド品の服は、上手に一点だけ取り入れるにようにすると、
何とか被服代を抑えることができます。

 

被服代にお金を遣いすぎてしまう人は、まずは少しずつ自分の使えそうなプチプラショップを開拓するところから始めましょう。


お金をかけるアイテムは『シンプルな服』が◎

ブランドショップで購入するちょっと贅沢な服を買う時に気をつけたいのは、
やはり『流行物』に大金を支払わないこと!
これはファッションの節約の鉄則です!

 

流行物は来年には使えなくなってしまいますので、プチプラで十分です!
逆に、黒のワンピースやコートなど、飽きがこないで長期で使用できるようなシンプルなアイテムであれば、少しお金をかけてでも良い物を購入しましょう!
黒のワンピースは、フォーマルな場面でも非常に使い勝手が良いので、しっかりした物を購入しておくのがおススメです。
コートも1年で着れなくなるようなものではないので、お金をかけるべきです。

 

流行品のように、あまり長く着れないものは、お金をかけえるのが勿体ないです!

 

少しでも高いお金を払うのであれば、やはり良い物を長く使用したいと思う気持ちがあります。
また、カバンや靴などの小物も、やはり長期で使用することが多いので、お金をかける部分としては正解です!
ただし、靴を頻繁に履き潰してしまう人の場合は、あまり高い靴ばかり買っていると、やはりお金がもたなくなってしまいます。
自分の使い方などを良く考えて、まずはどんなアイテムにお金を注ぎ込んだ方がいいのか、自分で考えておくと良いと思います。
贅沢するアイテムと、節約するアイテムをしっかりと分けることで、ファッションの節約はできるようになります!
洋服好きな人は、まずはこれまで洋服にかけていたお金の半分くらいでやりくり出来るようにしましょう。