自動車は一番の節税対策

自動車はいわゆる『贅沢品』です。

 

本来、お金に余裕がある人がもつべきもので、
お金に余裕がない人であれば、自動車は持たないのが一番です!

 

自動車は購入価格が高い上、自動車取得税や自動車重量税の税金の他、毎月ガソリン代・駐車場・自動車保険などの費用がかかります。
つまり、自動車を持っていないと、これだけの費用が一切かからなくなるということです。
いかに生活において自動車の維持費が高いのかわかります!

 

仕事で自動車を使っている場合は仕方ないと思いますが、それ以外の場合は、やはり自動車を持つべきではありません。
都心では自動車がなくても自由に電車で移動ができるので、持っていない人も多いと思います。
田舎の方が、どうしても交通網が悪いので、自動車を持ちたがる傾向があります。

 

もしも本当に自動車の節約をしたいと思うのであれば、多少家賃が高くても、自動車を使用しないで移動できる場所へ引越しを検討するのもアリ!
毎月かかる駐車場とガソリン代と自動車保険と車のローン代金だけでも、年間でかなりの金額になるのですから、
多少家賃が上がったりしても、車を使わない生活に出来る方が結果的には安くなる可能性があります。

 

特に車のローンが残っている人は、車の維持だけで、
ちょっとした一人暮らしの家賃並みの費用を毎月支払っていることもあります。

 

自分の給与に占める自動車費用の割合を考えながら、
仕事で使わないのであれば、一度手放すのも良いと思います。


ローンが残っている自動車でも売れる!

一度自動車を手放すと決めたら、今度は自動車を売ってしまいましょう!
新しく走行距離が短いものであれば、比較的高く売ることができます。
よく自動車を売りたくない人からは「まだローンが残っているのに売れるのか?」というギモンが挙げられます。
確かにローンが残っている車は売っても支払義務が残っているので、あんまり特にはならない可能性があります。

 

しかし、現在は大手の中古販売店では、
多くの場合、ローンが残っている車でも買取ができるようなっています。

というのも、買取してもらうお金でローン残高を一括返済することができるサービスがあるからです。
ローンの残高や車の見積もり、所有権によって、全員が利用できるサービスではありませんが、
多くの人が大手の中古車販売店を利用して、ローンが残っても自動車の売買を行っているというのが現実です。

 

自分名義の車であれば、ローンが残っていても自動車は売買することができますので、まずは自動車を買いとってもらうことを考えるのもおススメです。
自動車を売ってしまうと、一緒に自動車ローンも無くなる可能性が高いので、非常に大きな節約になります。
車検や重量税にかかるお金も必要なくなってくるので、これまで支払っていた自動車にかかる費用を、貯金へ変えることが出来ます。

 

家族がいる人などは、夫婦でよく話し合い、自動車の売買を検討してみましょう。
ちょっとしたドライブや旅行の足のためだけに、自動車を保有しているのは非常に勿体ないことです。